ホーム > 会社情報 > 社長挨拶

社長挨拶

2007年10月、当社は、紙・パルプ業界にあってともに流通を担う専門商社として、紙とフィルムを扱って130有余年の歴史を持つマンツネと合併し、新たなる日本紙通商としてスタートし、更なる飛躍を目指しております。

中でも、新聞・出版・印刷・情報用紙など洋紙の販売事業は日本製紙グループの中核代理店として、大きな役割を担っております。また、国内外に多くの事業拠点を持ち、洋紙の他、フィルム、パルプ等の製紙原材料、工業薬品、化成品、合成樹脂、製紙関連機械及び建材など多様な商品を販売し、需要家の皆様から高い信頼をいただいております。

さて、産業界はあらゆる分野で国際化、情報化が加速され、私たちを取り巻く社会・経済環境は大きく変化しております。

当社は、この変革の時代を勝ち抜くため、専門商社としての機能を高め、情報の収集・提供、流通の効率化に努め、広く社会に貢献する“マーケティング企業”を目指します。

また、今世紀は環境の世紀でもあります。“環境に優しい企業”をスローガンに、環境ISO14001、森林認証(PEFC、FSC®(FSC-C018199))を取得し、環境問題に取り組んでおりますが、かけがえの無い地球環境を次世代へ遺すためにも、さらに環境に配慮した活動を進めてまいります。

当社は、以上の方針のもと取引先の皆様から引続き信頼される企業を目指し、努力してまいります。皆様におかれましては、今後とも、変わらぬご愛顧、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 藤川恭一

このページのトップへ