日本紙通商について

日本紙通商
について

メッセージ

機能を高め、情報の収集・提供、 流通の効率化を。 広く社会に貢献する “マーケティング企業”を目指します

豊かな暮らしを支えるため
常に新たな価値を創造し
持続可能な未来を追求していく

代表取締役社長
佐藤 信一

 当社は紙・パルプ業界を担う専門商社として、それぞれ歴史のある数社が合併し、各社のもつ強みと、広い事業領域を生かし、「日本紙通商」として、更なる飛躍を目指しております。

 洋紙・情報用紙の分野においては、日本製紙グループの中核代理店として、国内外の市場に、大きな役割を担っております。

 また当社の特徴でもある、洋紙以外の分野は広く、古紙・パルプ、包装資材の板紙・フイルム、機能材料としてのフイルム、壁紙・紙容器用原紙、化成品、生活産業資材、工業薬品、製紙関連機械、建材、家庭紙、ヘルスケア、アグリ製品、等多様な商品を提供し、需要家のみなさんから高い信頼を頂いております。

 日本製紙グループの一員として、グループの商社機能をさらに進化させ、新たな分野である、セルロースナノファイバー、バイオケミカル、パッケージ、新素材等の新たな価値を提供してまいります。

 持続可能な社会の実現に向けて、常に環境に配慮した企業活動をさらに推進し、日本製紙グループのミッションである『豊かなくらしと文化の発展』への貢献を実行してまいります。

 当社は、取引先の皆様から引き続き必要とされ、信頼される企業を目指し努力してまいります。今後とも、変わらぬご愛顧、ご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。

事業領域

新聞、印刷、情報用紙などの身近な「紙」を取り扱いだけなく、紙の原料や包装資材など、
多くの分野に利用される機器・原料の販売やヘルスケア、アグリなど新カテゴリーでの製品販売も行っています。

  • 印刷用紙・情報用紙 印刷用紙・情報用紙
  • 筆記図面用紙 筆記図面用紙
  • 機能材料 機能材料
  • 包装用紙 包装用紙
  • 紙器用板紙 紙器用板紙
  • 工業用紙 工業用紙
  • 家庭紙 家庭紙
  • 新聞用紙 新聞用紙
  • 特殊紙 特殊紙
  • 製紙用原料

    パルプ、古紙を中心とした、国内外の製紙メーカーに製紙原料を供給

  • 包装資材

    ダンボール原紙や商品保護用のフィルム・シート、包装用紙

  • 化成品

    紙の原料となる木材の成分を無駄なく利用した、快適な暮らしに不可欠な資材

  • 機能材料

    携帯電話のフィルムやインテリア、緩衝材などの製品

  • 機械

    紙やフィルムの製造プロセスに必要な生産設備や印刷機

  • ヘルスケア製品

    業務用、家庭用ヘルスケア用品

  • アグリ

    日本製紙開発の高品質な茶苗「ネプラス」、色の変わるお茶「日ノ茜」

  • 建材

    合板、繊維板、床材などの建材

  • 新素材

    高機能で環境に優しい先進的素材

  • 薬品

    製紙用、一般工業用薬品

ネットワーク

沿革

1979年(昭和54年) 7月11日 十條商事(株)設立。各種商品の輸出入および国内販売。
2004年(平成16年) 4月1日 サンミック千代田(株)と合併し、サンミック商事(株)に商号を変更。
2006年(平成18年) 4月1日 コミネ日昭(株)[大正15年5月設立]と合併し日本紙通商(株)に商号を変更。
2007年(平成19年) 10月1日 (株)マンツネ[明治2年創業]と合併。
2009年(平成21年) 5月7日 本社事務所を千代田区一ツ橋に移転。
2013年(平成25年) 3月25日 本社事務所を千代田区神田駿河台に移転。